この間の出来事。

こんにちは。お久しぶりです。

今年に入ってから初めての更新ですので、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

実に100日以上ぶりの更新です(笑)

今回はこの前お店であった出来事について書こうと思います。

 

この間、卒業式用の袴に合うブーツを買うために商業施設の靴屋でブーツを見ていました。

私の見ていたブーツはブランド物だったのですが半額になっており、男性の年配の店員さんがすごく熱心に勧めてきました。

その店員さんは「これを履いて歩いたら男がたくさんよってくるよ~~」と私に言ってきました。

私は好きな女性がいるし、興味ないです~~と苦笑いで返したのですが、

「男に興味なくてどうする!世界には男と女しかいないのに~まさか同性(を好き)とかあるまいし~(笑)

と言われました。

私はそのときは、はは~~と苦笑いで返しすぐに違うお店に行きました。

 

あとで思い出してすごくイライラしたし今でもそういうことを普通にお客さんに言う店員さんっているんだな・・・とおもいました。

まだまだ私の親世代(50代くらい)くらいの方々あまり同性愛に理解が無いのは時々感じていましたが(うちの父親も同性愛を理解できないと言います)、こんなドストレートに、しかも馬鹿にしたように言われたのは初めてでした。

もちろんそのことを何のためらいもなく私に言ってきた店員さんにもムカつきましたが、なによりそのとき苦笑いしか出来なかった自分にとても腹が立ちました。

「同性がすきですよ??」と笑顔で返せる位にならないとまだまだなあ・・・と思いました。

 

この出来事は改めて私に同性愛に偏見のある方がいるということ教えてくれたと思っています。

テレビではセクマイの人のためにこのような取り組みをしています・・というのをよく観ますがそれはまだまだ一部の人たちに過ぎずセクマイのこと自体を知らず、愛は男女ではぐくむもの、恋は誰もがするものと思っている方がまだまだいるのだと感じました。

 

私自身も友達にバイセクシャルじゃないの?と言われるまでそんな用語知りませんでしたし・・・。

 

早くこの世界が全ての人を受け入れてくれますように・・・。

 

2018.01.20  のま