カミングアウト

見てくれた皆さんこんばんは。

 

正直このことを公開するかどうかかなり悩みましたが本当の自分を隠していても仕方ないし、本当の自分を見てほしいと思い今回このブログを書くことを決めました。

 

率直に言います。

私はバイセクシャル(両性愛者)です。

同性を好きになることもあるということです。

 

私と仲良い人でも初めて知ったという人もいると思います。この事についてどう思うかは個人の自由だと思います。

別に私は受け入れて欲しいわけでも、理解して欲しいわけでもないです。

ただセクシャルマイノリティ(性的少数者)の人は身近にいるということを知って欲しいです。

日本には左利きの人と同じだけの人数いると言われています。そして大半の人はその事を隠して生活しています。

 

高校生ぐらいになるとクラスで付き合ってる人も増えてくるし、同級生の間では恋バナで持ちきりになることもあると思います。私も高校の時そうでした。

 

私はその頃女の子(同性)の好きな子がいました。だから友達の恋バナを本気で楽しむことが出来なかったし、自分は叶うわけもないつまらない恋に希望を抱いて何をしているんだといつも自分を責める時期もありました。何度も自分が惨めになり泣きたくなった時もありました。

 

でも私の場合仲の良い友達は私の恋を受け入れてくれて応援をしてくれたので凄く救われました。

 

ほかのセクシャルマイノリティの方と話をしたことはないので詳しいことは分かりませんが少なくとも私と同じように苦しんでる人はいると思っています。

そして仲の良い友達にカミングアウトする人もいると思います。その時にその友達が受け入れてくれるか、拒絶するかは分かりません。

でも私は思います。

『その事を知った途端離れる人は所詮その程度の友達だった』と。

 

私は友達がセクシャルマイノリティでも今まで積み重ねてきた思い出も友情も何も変わりはしない…とそう思います。

 

このブログを読んで私から離れる人もいるかもしれません。大いに結構です。私は別に追わないし、仲良くしようともしません。でも今後の人生でこのような機会は誰にでも訪れる可能性があることは忘れて欲しくありません。

 

私はそのへんの一般人だしこんなこと書いたって大した影響力が無いことは分かっています。しかし少しでもセクシャルマイノリティのことを知ってもらえたらと思い書かせていただきました。

 

私は「普通」という言葉が嫌いです。もちろん私がみんなの思ってる「普通」ではないからです。いつか「恋愛は異性と…」そんな固定概念が無くなることを願っています。

 

長文失礼しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

2017.05.14